団体グループ・法人様へ 宴会や会議、御慶事、ご法要など承ります

おちゅんからのお知らせ

舌切雀のお宿磯部ガーデンに関する情報や、周辺の出来事などについて随時更新しております。

2022.05.10
イベント情報

大手拓次展のお知らせ

5月21日より前橋文学館にて前橋市市制施行130周年記念として大手拓次展が開かれます。
当館ともゆかりの深い方ですので、是非お出かけ下さいませ。
日程:5/21~9/19
開館時間:9時~17時まで(入館は30分前まで)
観覧料:一般500円
休館日:水曜日

 以下、大手拓次展のご案内より引用させて頂きます。

◇◇◇◇◇
大手 拓次(おおて たくじ)
1887年(明治20)年11月3日-1934年(昭和9)年4月18日群馬県碓氷郡西上磯部村 (現安中市磯部)、
磯部温泉の鳳来館に次男として生まれる。
幼少期に父母が他界し、祖父母に育てられる。 早稲田大学在学中にフランス象徴詩に傾倒。
北原白秋の門下であった拓次は、萩原朔太郎、室生犀星とともに 「白秋旗下の三羽烏」と呼ばれ、
朔太郎の詩にも影響を与えた。 また文案係として、美容衛生の世界で得た知識も作品へ反映したとされ、
肺結核で早世するまで、独自の世界を築いた。
没後、親友逸見亨の編集により、詩集「蛇の花嫁」、訳詩集「異国の香」「詩日記と手紙」が刊行された。

◇◇◇◇◇

おちゅんからのお知らせ

2022年(29)

2021年(43)

2020年(55)

2019年(82)

2018年(63)

2017年(112)

2016年(78)

2015年(29)